桜の名所 お花見デートにおススメスポット/東京都編②

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

桜

お花見デートスポット情報第3弾です!

満開の桜を見ると、心が躍るのはなぜでしょう?

今回は、東京都下の桜の名所もあわせてご紹介します♪

<スポンサーリンク>

●目黒川

目黒川

2014年のクリスマスシーズンに、桜並木に青いLEDを設置して、青の洞窟をイメージしたイルミネーションが話題となりました。

イルミネーションも幻想的でキレイでしたが、春にはイルミネーションにも負けない、淡いピンク桜が見事に咲き誇ります。

目黒川沿いの桜を楽しんだ後は、目黒川から一本入った山手通り沿いの雑貨屋やカフェ、レストランなどを巡ってみるのもおススメです。

見頃:3月下旬~4月上旬
種類:ソメイヨシノ約800本
場所:東京都目黒区大橋~下目黒
交通:JR山手線・目黒駅から徒歩5分
:東急田園都市線・池尻大橋駅から徒歩2分
:東急東横線・中目黒駅から徒歩2分

※めぐろ観光まちづくりHPはこちら
※ライトアップは日没~21時まで予定

●砧公園

砧公園

多摩川にほど近い世田谷の砧公園は、園内随所に桜が植えられています。なかでも、芝生の広場と樹木で構成されるファミリーパークエリアがとくに桜の名所として人気があります。

芝生の広場では、地上近くまで枝を伸ばした桜の大木を眺めながら、ピクニック気分でお弁当を広げたり、のんびり日向ぼっこが楽しめます。

また、園内には多摩川の支流の一つである谷戸川が流れており、上流には吊り橋が架かっています。バードサンクチュアリでは野鳥の観察ができ、アスレチック広場やサイクリングコース、美術館も併設するなど、さまざまなレジャーが楽しめる公園です。

なお、24時間営業の駐車場がありますが(駐車台数177台)、土日は混雑するため、公共交通機関を利用した方がよさそうです。

見頃:3月下旬~4月上旬
種類:ソメイヨシノ、ヤマザクラなど約930本
場所:東京都世田谷区砧公園1-1
交通:東急田園都市線・用賀駅~徒歩20分
:用賀駅~東急コーチバス(美術館行)美術館下車
:小田急線・千歳船橋駅~東急バス(田園調布行き)砧公園緑地入口下車
:小田急線・成城学園前~東急バス(都立大学前北口行き)岡本一丁目下車

※火気厳禁、カラオケ・バーベキュー・テント、ファミリーパーク内への自転車の乗り入れ、ペットの入園禁止
※東京都公園協会(砧公園)のHPはこちら

●JRA馬事公苑

馬事公苑

東京オリンピックの馬術競技場となった馬事公苑は、東京ドーム約4個分の緑の敷地に、数々の馬関連の施設が整っており、日本庭園や自然林、お花畑などがある馬と緑を楽しめる公苑です。

苑内にはソメイヨシノや八重桜などが植えられており、放牧場で馬を眺めながら、また、広場でピクニックしながら桜を愛でることができる穴場スポットです。

定員制ですが馬車の運行もしており、週末は馬術競技大会なども開催されています。

例年3月の終わり~4月の終わり頃まで、さまざまな種類の桜が苑内を彩ります。この季節は「桜まつり」が開催され、バラエティ豊かなキッチンカーが集合。桜とともに美味しい食事も楽しめます。

駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

見頃:3月下旬~4月下旬
種類:ソメイヨシノ、ヤエザクラ、ヤマザクラなど約500本
場所:東京都世田谷区上用賀2-1-1
交通:東急田園都市線・桜新町駅~徒歩約15分
:小田急線・経堂駅~徒歩約20分
:バスも運行していますので、詳細はこちらからご確認ください
時間:9時~17時
休苑:期間中無休(月・火・祝は事務所、売店休)
料金:無料

※火気厳禁、ペット入苑禁止
※馬事公苑HPはこちら

●井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園

住みたい街ランキングで常に上位にランクインする吉祥寺。

その街を抜けた先に広がる井の頭恩賜公園は、井の頭池を中心に多くの桜が咲き乱れる日本桜の名所100選にも名を連ねる桜の名所です。

ボートに揺られてのんびり桜を眺めるのもよし、遊歩道をそぞろ歩きするのもよし。水面にせり出す桜の枝ぶりは圧巻の一言です。

桜をひとしきり楽しんだら、吉祥寺の街を巡ってみるのもおススメです。オシャレな店が数多く軒を連ねる吉祥寺は、デートコースに事欠きません。

見頃:3月下旬~4月上旬
種類:ソメイヨシノ、ヤマザクラなど約500本
場所:東京都武蔵野市御殿山1-18-31
交通:JR中央本線・京王井の頭線、吉祥寺駅~徒歩5分

※火気厳禁、宴会は22時まで
※井の頭恩賜公園HPはこちら

●神代植物公園

神代植物公園

深大寺の北に広がる神代植物公園は、約4,800種類、10万本・株の樹木が植えられています。

園内にはバラ園、ツツジ園、ウメ園、ハギ園、サクラ園など、さまざまな種類の植物がブロックごとに分けられており、四季折々に楽しませてくれます。

桜はもちろん、サクラ園に一番多く集められていますが、芝生広場の西側には、ヤエベニシダレザクラなど数種のシダレザクラが咲き誇っており、バラ園の入り口にはソメイヨシノの見事な並木道もあります。

植物園で桜を堪能した後は、深大寺を回ってみるのもおススメです。参道や境内に咲く桜も厳かな雰囲気で、植物園とは一味違った雰囲気です。

また、参道にはいくつか茶屋があり、なかなかの賑わいです。お茶やお団子などに舌鼓をうちながらの桜もおつなものです。

見頃:3月中旬~4月中旬
種類:ソメイヨシノ、ヤエベニシダレザクラなど50種以上約600本
場所:東京都調布市深大寺元町5-31-10
交通:京王線・調布駅~小田急バス吉祥寺または三鷹行き「神代植物公園」下車
※その他のルートはこちらからご確認ください
時間:9時30分~17時
料金:一般500円、65歳以上250円、
:中学生200円(都内在住在学は無料)
:小学生以下無料

※場所取り禁止
※シーズン中は混雑するため、公共交通機関をご利用ください
※東京都公園協会(神代植物公園)HPはこちら

●東京サマーランド

東京サマーランドと言えば、プールで有名なレジャー施設ですが、桜の名所でもあります。

敷地内には約1,500本の桜があり、なかでもファミリーパーク・スポーツエリアにあるあじさい園に続く桜並木は圧巻です。大枝を広げるシダレザクラの群生も一見の価値ありです。

また、スリルマウンテンエリアにある大観覧車で空の散歩を楽しみながら、眼下に広がる桜の絨毯を眺めることができます。

なお、「さくら鑑賞」は3月30日~4月12日まで開催され、期間中は無料で桜を鑑賞できます。4月5日(日)はフリーマーケットやパフォーマンスイベントも同時開催されます。

圏央道あきる野ICから車ですぐの場所にあるので、ドライブデートにいかがでしょうか?

見頃:3月下旬~4月中旬
種類:ソメイヨシノ、シダレザクラなど約1,500本
場所:東京都あきる野市上代継600
交通:JR中央線・八王子駅~西東京バスサマーランド行き終点下車
:車/圏央道あきる野ICからすぐ
時間:平日10時~17時、土日祝9時~18時
休園:3月水・木、4月木(春休み期間は無休)
料金:大人2,000円、小学生1,000円、幼児1,000円

※東京サマーランドのHPはこちら

いかがでしたでしょうか?

桜の名所 東京編②は、東京都下を中心にご紹介しました。

駐車場が完備されているところもありますが、桜の期間中は混雑が予想されますので、該当施設の駐車場は満車の可能性が高いです。

駐車場を探すためにうろうろするのはあまりスマートではありませんので、デートでは彼女に興ざめされてしまうかも。

そんなリスクを避けたいなら、公共交通機関の利用をおススメします。

<スポンサーリンク>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

<スポンサーリンク>